イメージ先行型

                  中年カップルがイメージ先行でサイクリング始めました。
                   脂っぽく汗臭い、ウダウダした内容です(笑)

2015年11月

イメージ的には、280馬力オーバー仕様 その7 秋だけに赤く染まります

P1010578皆さん、こんにちは。
クランク周りの交換記事、書くの忘れてました。
チェーンとクランクキャップ外れてますが、クランク交換前です。




P1010568先ずは、クランクキャップをマイナスドライバー等で、こじ開けます。
良いチャリンコになると、ここもアーレンキーで開けたりするんですが。




P1010566そこに、中軸を一杯まで外側に出した、コッタレス抜きをねじ込みます。






P1010572コッタレス抜きの中軸にアーレンキー(モンキーでもOK)を差し込み、外軸をモンキーで挟み込み、中軸をねじ込んでいきます。





P1010573意外と、力は要りませんでした。
あっけなく、クランクが外れます。






P1010579反対側も、同様に♪
最初に、チェーンを外しておく事をお忘れなく♪






P1010580因みに、260純正のチェーンホイールのセットが1,312gでした。






P1010582今回、投入したのがこれ。
otomoのアルミ製チェーンホイール ROAD 50X34L170
amazonで、4,500円位でした。
重さは、686g
626gもの軽量化です♪



P1010588今度は、組み付けです。
外し方は、いろいろなサイトに書いてあるけど、組み付けを語ってるサイトは少なかったです。
んで、よ~く調べてみると、ボルトを締め付けるだけでOKなんですね(笑)



P1010589っと言う事で、クランク軸にスポッとクランクを填めます。







P1010590そこに、元々付いていたショボいビスを填め・・・







P101059114mmのボックスナットで締め付けます。







P1010592最後にペダルをクルクルっと取り付けたら、完成です。







P1010585順番が前後しますが、チェーンホイール側も同様に取り付けます。






P1010593意外とあっけなく完成です。
こうしてみると、マジで赤に染まってきましたね、私の260は。

本当ね。
郵便局の自転車みたい。

あっ・・・

そんな訳で、洋くんの自転車は、「赤い衰退号」改め「ポストマン2世号」に決定ね。

なんだよ、そのビミョーなネーミングは・・・


写真自慢しています(笑)
GOOGLE+


山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
――― 松舞町ラブストーリー ―――



ヲタクな彼と彼女達の物語
僕と彼女の日々



にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

イメージでは、3日間島根ライフを満喫のはずでしたが。

P1010587皆さん、こんばんわ。
予定では、この3連休島根で、生まれ変わった260ライフを満喫するはずでした。
実際には、初日は日向さんのデスクワークで出発が15時過ぎに
翌日も、親戚に捉まり、結局サイクリング出来たのは14時過ぎから。
天気と相談の上、3日目は鳥取砂丘辺りをサイクリングの予定が、島根を出発したのが、11時回ってから・・・

P1010662そんな状況でしたが、ちゃんとバードウォッチング&サイクリングはやってきました。
行程は、こんな感じ・・・撮影時間の方が圧倒的に長いです(笑)

今回も、パナソニックのミラーレスカメラ DMC-GF5に、KENKOの800mmレフレックスレンズと言う組み合わせです。
写真写っているのは、マガンです。

P1010876今回背負うのは、LOWPROのスリングショット302AWです。
上気室は、大きめのウエストポーチ位の容量が有るので、行動食やレインウエアも楽に収納できます。
一番のメリットは、背負ったままバッグを背負い投げの感じで回転させれば、バッグに対し横向きに収納されたカメラに簡単にアクセス出来る点です。
ここでもミラーレスカメラの小型性が生かされ、レンズフードを外せば800mmレフレックス付けたままでも、バッグに収納できます。

P1010712このトンビの写真は、走行中に見つけ、止まって自転車に跨ったまま撮影しました
車だと、存在に気付かれたり、ドアの音で飛び立つ可能性も大いにありますから、やっぱり無音に近い自転車は、足として活躍しますね。



P1010770このタゲリの写真も、150m位先の田んぼに降り立つのが見えましたから、その位置に自転車置いて撮影しました。
車と違って、駐車スペースも気にしなくて良いのも、メリットですね。
今回、川土手でしたから、土手に置く分には通行妨害になりませんし。


P1010740続いて、宍道湖の冬の風物詩、コハクチョウです。
今回はもう一つ、カーボン製の一脚をベルクロテープでトップチューブに固定して移動してました。
1600mm相当は、ちょっとした手振れでも被写体が画面から外れてしまいますので、撮影以前にピントが合わせ難いんです。
因みに、レフレックスレンズはピント合わせを自分でやらなきゃいけないマニュアルレンズですから、咄嗟の動きは対応出来ません。
その代り、amazonとかだと2.5万円台で買える、コスパが魅力です。

P1010807ちょっと暗めの写真ですが、今回お気に入りのコサギです。
距離にして20m位先なんですが、こちらを気にする事なく、餌を啄むのに夢中になってました。

しかし、今年もあと1か月ちょっとですね。
もう2~3回、年内にサイクリング行けると良いんですが。


写真自慢しています(笑)
GOOGLE+


山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
――― 松舞町ラブストーリー ―――



ヲタクな彼と彼女達の物語
僕と彼女の日々



にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村


明日から島根 イメージは凱旋?

普通に帰省でしょ。
あっ、皆様こんばんわ。

P1010587こんばんわ~、明日の夜から実家の島根県松江市に帰省します。
松江にも、サイクリングコース有るし、輪行袋無しでそのまま乗せれる電鉄が有るから、色々と楽しみです。 
久しぶりに、馴染みの自転車屋にも顔だそうかなぁ♪
そうそう、一応自転車仕上がりましたよ。

・・・オチは?

いや、特に無いけど・・・・・


写真自慢しています(笑)
GOOGLE+


山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
――― 松舞町ラブストーリー ―――



ヲタクな彼と彼女達の物語
僕と彼女の日々



にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

コッタレス抜きの仕掛けをイメージしてみました

P1010564皆さん、こんばんわ。
昨日、こんな物が届きました。

クリックしたからでしょ!

ドッペルの泥除けとアルマイトレッドのクランクセットです。
20年以上前から、気になってた工具コッタレス抜き(クランク抜き)も買いました。
何が気になってたかって、一体どう言う構造でどんな具合に動くのか、あの外観からでは予測が付かなかったんです。
1a今回、手にしてみて腑に落ちましたので、図解して説明してみます。
まあ、ざっくり図にすると、クランク周りの断面はこんな感じです。

わざわざ、描いたんだ。

2a仕事中にエクセルで作ったんだ。

仕事しなさいよ!

え~、先ずはクランクの中心に有るクランクキャプを外し、中のナットをM14ボックスレンチで外します。

3aキャップを外した穴は、ナットの中側みたいにネジが切ってありますので、そこにコッタレス抜き(クランク抜き)をねじ込みます。
これで、物理的にコッタレス抜きとクランクは、固定されました。
コッタレス抜きをはめる前に、コッタレス抜きの中のネジは思いっきり緩めておいてください。
4aそして、中のネジを締め込んでいくと、そのうちBB軸に当たって動かなくなります。
そこから更にねじ込んでいくと、中のネジが進まない代わりにコッタレス抜きの外周部が、繋がったクランク毎上がって行きます。
ネジが入って行くんじゃなくて、ナットがネジの頭に近づいて行くって考えると、分かりやすいかも知れませんね。

え~分かりにくいよぉ~

5aそっかぁ~?

じゃあさ、茹でガニの足に割り箸突っ込んで身を抜く動作をイメージしてごらん。

もっと、イメージ湧かないわよぉ。
先ずは、松葉ガニかタラバガニを買ってきて説明してよ。
もちろん、洋くんのお小遣いで♪

ううう・・・お小遣い残ってないんですが


写真自慢しています(笑)
GOOGLE+


山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
――― 松舞町ラブストーリー ―――



ヲタクな彼と彼女達の物語
僕と彼女の日々



にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

昔イメージしていた、バードウォッチングスタイル

P1010539皆さん、こんばんわ。
昔、ちょっぴり憧れてた、バードウォッチングのスタイルを実践してみました。
今回は、車を使わず終始自転車のみでのサイクリングです。
目的地は、神戸市北区の石井ダム・・・ご近所なんですけどね。
ルートは、こんな感じ(CATEYE Atlas開きます)
走行時間より撮影時間の方が、断然長いです(;´・ω・)

dc81879bバードウォッチングですから、カメラは高倍率の物が必要です。
今回の相棒はコレ。
パナソニックのミラーレスカメラ DMC-GF5に、ニコンマウントを介してKENKOの800mmレフレックスレンズをセットしました。
P1010498800mmでも、超が付く望遠ですがパナソニックなどのミラーレスレンズに装着すると、イメージセンサーサイズの関係で、画像の真ん中部分が切り出されて、1600mm換算の超々望遠となります。
左の写真は、肉眼に近い見え方の50mmで撮影した写真です。
矢印部分に、鳥が居るのが分かります?

P10104851600mmだと、ここまでアップになります。
ただ、ピント合わせは手動で、しかも写真の明るさ調整とかは、ISO感度とシャッタースピードで調整しなきゃいけませんから、鳥が飛んでる写真とかはほぼ無理です。
因みに、写っている野鳥はジョウビタキです。



P1010551今回は、お弁当も有りませんし行程的に行動食もそんなに必要有りませんので、カメラを主体に考えて、LOWPROのロープロ トップローダープロ 75 AW 2に、ハーネスを取り付けてスリングバッグとして使用しました。
GF-5は、図体が小さいですから、レフレックスレンズに装着したまま、収納が可能です。
バッグのサイドには、同じくLOWPROのレンズポーチと、POTERのベルトポーチを取り付け、14-42と45-150のレンズを収納します
P1010497いきなり、到着です。
ウェザーニュースとにらめっこしてましたから、何とかお天気回復しました。
上の橋が、ダムへと続く正規の道です。
そして私が立っているこの道、神戸電鉄(通称「神鉄」)の廃線跡です。
石井ダムの建設に伴って、神鉄は迂回するルートを通る事になり、ここは歩道として整備されています(満水時には沈没しますが。)
P1010466川のせせらぎ、野鳥の声、偶に神鉄の通過音、上空を行く旅客機の音以外、音はしません。
朝から晩まで、ここに居てもきっと飽きないでしょうね。





P1010524ジョウビタキ以外に見かけたのは、カイツブリ







P1010533カルガモ







P1010508ミドリガメ・・・







P1010478やけに胸ビレがデカい鯉。
こいつは、対岸に居たんですが、肉眼でもはっきり分かるくらい大きかったですね。





P1010547神鉄3000系 通称ウルトラマン電車。
考えてみたら、自転車、カメラ、バードウォッチング、廃線探索、撮り鉄・・・私の趣味が一度に堪能出来る、お得感満載のコースですね、ここは。


写真自慢しています(笑)
GOOGLE+


山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
――― 松舞町ラブストーリー ―――



ヲタクな彼と彼女達の物語
僕と彼女の日々



にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

STRAVA