P1060459え~生口島は、滞在時間が長いので前編後編でお送り致します。

は~い

って、人の話聞けよ~





P1060245P1060243多々羅大橋を渡り切ると、そこはもう広島県の生口島。
遠くに目をやると、相変わらず瀬戸内の島々が広がっています。






P1060254P1060248多々羅大橋を外れスロープを降りていくと、辺り一面に濃厚なジャスミンみたいな香りが漂ってます。
辺りを見回すと、ミカン畑にネーブルの札が。
ネーブルの花の香りなんですねぇ。

ふ~ん、ネーブルの花って、そんな香りがするんですねぇ。

そうそう、スロープ降りてすぐの所で、地元の農家の方がレモンやミカンをサービスしてくれてたんだよ。
まぁ、人が一杯居たから、俺はパスしたけどな。

P1060262image多々羅大橋下りてから、3kmくらい走ると本日のお宿、瀬戸田サンセットビーチです。
この時点でまだ11時半でしたので、先に昼食にしました。
頼んだのは、タコのペペロンチーノ。
ペペロンチーノにたっぷりレモンをかけて食べると言うのは初めての体験でしたが、アリですこの食べ方。

P1060263チェックインの時間を受付で尋ねたら、もうチェックインOKって事でしたので、12時半くらいにチェックインしてゆっくりテント設営始めました。
ヤシの木の葉っぱが、完全に風に流されてますねぇ。

そうなんだよ、コー〇マンとかサウス〇ィールドのテントとか、パタパタ倒れてたなぁ。
タープは、この風じゃあ立たなかっただろうから、持って行かなくて正解でしたね。

P1060256寮長のテントは、大丈夫だったんですか?

俺のは、元々山岳登山用に設計された1人用テントだから、全然大丈夫だったよ。

へぇ~
1人用テントで、収まるんですねぇ。

感心する所、そこ?

P1060268P10602661人で浜辺で遊ぶ訳にもいかないし、結構暇を持て余しましたね。
お陰で夜読もうと思ってた本、一気に読み終わりました。
こう言う時、kindleとかの電子書籍は嵩張らずに便利ですね。

P1060283P1060300そしてお昼寝したり足のマッサージしたりとウダウダ過ごしてたら、夕方です。

あの夕日に向かって走る時間ですね。

いつの時代の話だよ。

って言うか、写真が海外っぽいんですけど。
実は、海外にお忍びの旅行だったとか!

んな訳ないだろ。

P1060325そして、お楽しみの夕食の時間です。

周りの人々は、和気藹々楽しくバーベキューしてる中での、中華丼なんですね。
家と変わんないじゃないですか。

ほっとけよ。
俺は元々、キャンプ=バーべキューorカレーライスって公式が嫌いなの。
オートキャンプする時だって、パスタとかフライドチキンとかチャンチャン焼きとか普通に家庭料理作るんだから。
今は、便利な世の中になりましたよね、普通にコンビニで保存の利く食材買えますし、レパートリーも豊富ですからね。

P1060327P1060339おっと、日も沈みましたのでランタンに火を点しましょうか。
ランタンもミニマムに、スノーピークの天です。
これ位の光量の方が趣有りますよね。
テント内には、USB充電&ソーラー充電式のLEDランプを吊るしました。

・・・
寮長、サイクリングブログが、キャンプブログになってませんか?

あっ・・・昔の癖でつい。


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々