イメージ先行型

                  中年カップルがイメージ先行でサイクリング始めました。
                   脂っぽく汗臭い、ウダウダした内容です(笑)

ドッペルギャンガー

ロードサイクルデビューのイメージ

s-P1080201皆さん、こんばんわ。
ついに、わたくし緑川日向ロードサイクリストデビューしました。
洋くんが、真っ赤なロードバイク買った関係で、ロードバイクが一台余ってるって言うのが、一番の理由なんですが
私のイメージに合わせて、白系にさせましたしてもらいました。
んまぁ、元々このロードバイクは白&グレー+差し色で水色ってカラーリングらしいですが、洋くんがあれこれ部品交換するもんですから、赤っぽくなってたイメージ有るんですよね。
まぁ、サドルだけは最初に乗ったラスカル号のサドルが柔らかくて乗り易かったので、そこだけ茶色入っちゃてますけどね。

s-P1080195昨日夕方から、洋くんお馴染みの石井ダムまで、走って来ました。
一応、比較の為に洋くんにはパープルのR3って自転車乗ってきてもらいました。
圧倒的にロードの方がハンドル握り易かったです。
洋くん曰く、「ハンドルの下側握る初心者少ないぞ」って事でしたが、何だかその方が走り易かったです。
変速が難しそうですが、元々ガチャンってなるのが嫌で変速してません(事実)から関係ないですね

そこは違うぞ

洋くんが言うには、「4速~9速はクロスさせて在るから、ガチャンって為り難い」って言うから、ちょっと練習してみたら、確かにガチャンとは為り難かったです。

s-P1090382ただ、やっぱりギアが重いですね。
もっと軽い方が楽なんですが。

今でも30t入ってるから十分に乙女ギアだぞ。

あら?
乙女ギアなんて、私にピッタリですね。

プッ
太目ギアの方が似合っ~*


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

お弁当デリバリーなイメージ

IMG_20170228_112927皆さん、こんにちは♪
ちょっと前の話になりますが、今週の火曜日はドッペルギャンガー260パルセイロVer6.0で初めて通勤しました。
リクセンカウルのシートポストキャリアを付けてリヤバッグを乗せた、CC仕様です。



IMG_20170203_064508リヤバッグに、お気に入りの曲げわっぱのお弁当箱とタイオガの輪行袋フレックスポッドが丁度収まるんですよね♪
そう考えると、お弁当デリバリーに最適なミニベロになったのかもしれません。

SORAのSTIレバーを強引にブルホーンに取り付けた、自己責任仕様ですから、ブレーキングにイマイチ不安が有りましたが、無事に有馬街道駆け下りました。
平均速度、最高速度とも、フェルトちゃんとほぼ変わりません、むしろ加速感が有る分早い気すらします。
難点は、やっぱり重量でしょうかねぇ・・・


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

遠足の前の晩なイメージ

s-P1090584皆さん、こんばんわ。
帰ってからさっきまで、せっせとパルセイロのチェーン洗ってオイル差したり、CCR用のシートセットを再調整したり、ホイールの振れを簡単に取ったりしてました。
フッと見たら、リヤタイヤのエアバルブ部分だけヤケに膨らんでます。
チューブがちゃんと収まっていなかったみたいで、一旦ばらして組み直したら治りました。
何だかワクワクしている自分に気付きました、そう遠足の前の晩の様な。
明日は、風が収まってたらパルセイロで出勤しようかな~


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

日曜18:30なイメージ

s-IMG_20170219_153006皆さん、こんばんわ。
パルセイロ6.0CC試走してきました。
本当は、駅前のダイエーに買い物に行こうとしただけなんですが。
でも、ワイヤー錠忘れちゃいました。
ちゃ~んと、キャリアにゴム紐装着して準備万端だったんですよ。
でも、ワイヤー錠忘れちゃいました・・・
買い物しようと街まで出掛けたが、財布を忘れた陽気な東京在住24歳主婦を笑えません

s-IMG_20170219_153025仕方ないので、石井ダムまでサイクリングして来ました。
往復8kmの行程なんですが。
1年半前、初めて走った時は結構足に来てしまって、こんなんでサイクリングなんて楽しめるかな~ってちょっと落ち込んだ思い出が有りますが、今ではグイグイ踏み込んで走れる様になってるのに、一人感動しちゃいました。
因みに今回は、サイクルコンピュータもデジカメもなし
序でにワイヤー錠も無しですが。
スマホでは、細かな設定が出来ませんので綺麗に撮れてませんが、石井ダムの終点(正確には階段下りれば神戸市街に出れますが)からは、神戸の街が少し見えます

s-IMG_20170219_153045アップにするとこんな感じ
和田岬辺りが見え、大阪湾の向こう側は紀伊半島です。






s-IMG_20170219_153220肝心の6.0CCの方ですが、シートポジションをセッティングし直したり、ステムをオリジナルの少し長い物に戻したりしましたので、身体にしっくり来るようになりました。
スタンディングポジションになると、自転車を包み込む様なフォームになり、弱〇ペダルの御堂筋くんみたいな感じになっちゃいます。
でも、確かにパワー出てる感じします。
体感的には、ZW95乗っているより加速感味わえ、ミニベロらしさを感じます。
一つ計算外だったのは、STIレバーのシフトゲージが全く見えない事です。
上級コンポには付いていない物ですから、本来は不要な物なのかもしれませんが、やっぱり有ると安心するんですよねぇ


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

ちょっぴり初心に返ったイメージです

ac8f067e皆さん、こんばんわ。
最近、出番の少なくなったドッペルギャンガーの260パルセイロ5.0ですが、ここに来てチョイ乗り用の1台が欲しくなりました。
元々、パルセイロはロード的なスタイルとランドナー的要素を睨んで?5.0及び5.0Rまで改造していました。
ただ、チョイ乗りにドロップハンドルはどうかな~って思いますし、そこまで大袈裟にしたくないって考えも有りましたので、ファッション雑誌の写真的なスタイルを想像した結果(モデルに無理が有るってツッコミはしないで下さい)、気軽に乗れるブルホーンに戻す事にしました。
でもまぁ、予算も有りませんし今更406サイズのボスフリー&7Sターニーに戻すのも完全なスペックダウンになるので、したくありません。
無い知恵を絞った結果、SORAのSTIシステムをそのまま活かして、無理やりブルホーンに取り付ける事にしました。
ハンドルのフラット部分も握りますので、5.0Rに付いていた補助ブレーキも流用します。

s-P1090482s-P1090484取り掛かってから気が付きましたが、ブレーキワイヤーの取り回しが結構難しかった。
ハンドル自体に、ブレーキワイヤーを通す用と思われる穴が開いていましたが、屈曲率がきつくなりうまく行きませんでした。
苦肉の策で、無理やりハンドルバーに沿わせて固定する方法で。

s-P1090491ブレーキレバーとハンドルバーの干渉が最小限に留める位置を探していたら、思っていたよりも内側にSTIレバーが来てしまいました。
STIレバー~補助ブレーキへのアウターケーブルの長さ決定も幾度となくやり直しました。
お昼過ぎから始めて、形になったのは夕ご飯終わってからです。
ハンドル位置の調整や、アクセサリーの取付等も行ってたら、軽く12時間経ってました。

s-P1090489そして出来上がった、パルセイロがこちら。
ブルホーンの角度悩みましたが、地面と水平を基準に一番手首に無理のない角度で固定しました。
折角ですので、パルセイロ6.0CC(シティーコミューター)とでも名付けましょうか♪



s-P1090492買い物に便利な様に、リヤのシートポストキャリアは残しました。
その代わり、フロントバッグ用のアタッチメントは外しました。
フロントバッグに入れいて一番重宝したデジカメを、買い物の時まで持って出る可能性が低いのと、降車時の携帯品を減らす為です。
5.0R用のシートポスト&サドルはそのまま残ってますので、シートポストを差し替えればCCR(シティーコミューターR)にも出来ます。
その時は、ファッション誌モデルらしく、モンベルのメッセンジャーバッグを背負います。

誰が、ファッション誌モデルなのよ~


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

STRAVA