s-P1080286皆さん、こんばんわ。
遂に、前々から気になっていた麓へ下りる別ルート通って通勤してみました。
簡単な話、石井ダムの階段を下りて、烏原貯水池脇を通って夢野に下りるコースです。



35_00009先ずは鈴蘭台駅前を通って石井ダムへと向かいます。







s-P1080271石井ダム堤の上で、ひと休憩です。
薄曇りでマズマズの天気でした。






35_00017そして石井ダム堤に設置された階段を、自転車を担いで降りて行きます。
こんな時、ロードは楽で良いですよね。
もしMTBだったら、前輪を垂直に持ち上げて後ろに立ち、後ろブレーキで転がりを制御しつつ階段下りるって手も有りますが、ロードだとちょっと怖いかな。


s-P1080276写真中央部のらせん状っぽい階段を下りて行きます。
標高差60mを一気に稼げます♪






s-P1080273こうやって下から眺めると、結構壮大なダムですね。
上のおじさんが、興味深そうに覗き込んでました。
そりゃ、平日朝から自転車担いで降りる奴って早々居ませんよね。
若い頃、島根の300m級の山にMTBを担いで登り、そのまま担いで下りた経験者(笑)としては、これ位朝飯前です。


s-P1080277ダムを下りて直ぐ、前々から興味の有った、神戸電鉄廃線のトンネルを見つけました。
立ち入り禁止ですので、じっくり見る事は出来ませんが。





s-P1080279その向こうには、現在の神戸電鉄が走っています。







35_00026事前にグーグルマップで調べてたんですが、石井ダム~烏原貯水池に続く道の一部は、六甲全山縦走路だったみたいです。





35_0003035_00032500m位自転車押したり担いだりの砂利道です。
ビンディングペダルをしまなみに向けてTIME XPRESSOではなくて、普通のSPDペダルにしていて正解でした。
TIME XPRESSOだったら、捻挫していたかもしれません。
この時点で通勤感は失われ、ただのトレッキングに代わりました。

35_0003435_00037やっとで、舗装道路に出ました。
とは言え、路面は荒れ気味ですが。



s-P1080287そして、今回のコースの目的その2、放水門到着です。
一枚目の水門と合わせて明治時代に作られた物だそうです。





35_00046烏原貯水池湖岸を軽快(当社比)に走った先には、目的地その3が待っています。






s-P1080289眼下に広がるは神戸の街並み。
朝からこの風景を拝めるなんて、気分爽快です♪






35_00053そして急な路地を下って行けば、夢野の街に出ます。
後で知りましたが、烏原貯水池には立ヶ畑ダムと言う明治時代に竣工されたダムも有るそうです。
何となく、自転車で通れそうなので、次回通勤時にはそっちを通ってみようかなぁ~

分かったから、ちゃんと仕事もしてきてよね


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々