イメージ先行型

                  中年カップルがイメージ先行でサイクリング始めました。
                   脂っぽく汗臭い、ウダウダした内容です(笑)

尾道

しまなみ海道サイクリング 5/2 思い出の旅なイメージ

s-P1080459度々、こんにちわでございます。
今回のしまなみ海道サイクリングは元々日向さんと走る予定で、5月3日~4日の行程で調整してましたが、例の様な状況ですので、新幹線こだま往復割引(2名からOK)とかキャンセルして取り直さなきゃいけなくなりました。
結果、3日の早い新幹線に席がなくて(予約済みの席キャンセルしてすぐ取り直せばOKだったのかもしれませんが)前日仕事を怠けて休んで、前泊する事になりました。
尾道市内では、宿が取れませんでしたので1島渡った向島で宿を予約しました。

s-20170502_0613018675時半に家を出て、自走で鈴蘭台駅に行き、そこで輪行袋にRCEを納めます。
予定通りの6時10分台の三田行きに乗り込み、谷上駅で北神急行に乗り換え、最短コースで新神戸に向かいました。



s-IMG_0524尾道は、島根に居た頃何回もドライブに来ていますし、日向さんと一緒に住んでいた思い出の場所です。
なので、2日は尾道市内思い出を巡るサイクリングに充ててみました。
左の写真は、7年前に撮った千光寺山ロープウエイです。
今回、坂が面倒なので立ち寄ってはいませんが・・・



s-P1080460新尾道駅を出て、さっそくRCEを輪行解除します。
尾道の人達は、輪行風景とか見慣れているんでしょうね、特に視線を感じる事なく済みました。
鈴蘭台とか湊川だと結構好奇の眼差し感じるんですよね。




s-P1080461新尾道駅から北上し最初の目的地に向かいます
走り出して2kmでいきなりのパンク!
鋭利な砂利片が刺さってました。
しかも、CO2ボンベのゴムパッキンが、吹っ飛ぶというアクシデントにも見舞われ、イキナリガスボンベ2本を使ってしまいました。



s-P1080465s-20170502_104236400向かった先は、尾道浪漫珈琲東尾道店さん。
日向さんと何回かモーニングした思い出の喫茶店です。



s-20170502_104729869尾道浪漫珈琲と言えばベルギーワッフル
映画で有名になった「こもん」のベルギーワッフルも好きなんですが、お店の雰囲気がこっちの方が落ち着いていて好きなんですよね。
モーニングサービス終了の11時にギリギリ間に合いました♪

尾道浪漫珈琲東尾道店の近くに、サイクルショップ ナギさんがありましたので、予備のCO2ボンベの購入と、チューブ内のCO2を抜いて、お借りしたフロアポンプで空気を適性の10Barまで入れ直します。
おかげで、その後はパンクもなく快適にサイクリング出来ました。
余談ながら、歩道側を走っていて、歩道と車道の境の縁石の切れ間から車道に出ようとしたら、そこは高低差30cm位の段差トラップで(あれは、目の錯覚引き起こすトラップでしかないです)、ステアケースじゃないですがエマージェンシー的に段差下りを行った時も、高圧に空気を入れていたおかげで、リヤはリム打ちする事なくノーダメージで済みました。

s-P1080467ナギさんが有った周辺って、尾道住んでた頃にサイクリングしている自分を想像していた場所(デジャブーじゃなくて、未来予想的な現象です)でしたから、自分でもちょっとびっくりしています。

さて・・・ホテルのチェックインは16時以降ですから、4時間半は時間が有ります。
個人的には意味のある(謎)三原市までRCEを走らせました。
少し走ってUターンしましたが、それでもまだ12時過ぎ。

お昼時ですが、どの店も長蛇の行列で少し時間ずらして、それでも入れず結局コンビニおにぎりで済ませました。

s-P1080469対岸に、夜お世話になる河野温泉さんが見えます。
尾道駅は、わが故郷松江市を結ぶ「やまなみサイクリングロード」の起点でもあります。
あぁ、ここでハンドルを右に切れば松江に帰れるんだなって思うと、ちょっと望郷の思いに駆られます。
まぁ、獲得高度1900mですから、その時点で容赦なく故郷を捨てますが・・・


s-P1080471s-P1080472尾道の街も堪能しましたので、続いて渡船使って向島へと渡りました。
実質、この渡船乗り場がしまなみ海道の起点となります。
ここに来てやっと、旅の雰囲気がしてきました。


55_0000155_00013しかしまだ14:30・・・
ちょっと向島北側をポタリングする事にします。





s-P1080477s-P1080475うん、意味もなく工場萌えしちゃいます。
昼間なんですが・・・
廃造船所(営業してたらゴメンナサイ)も、中々味があります。


s-P1080481こちら側から見た、尾道の街も中々素敵ですよね。
非常に分かり辛いですが、真ん中あたりに見える建物がジャイアントストアです。







s-P1080499さて、お宿の河野温泉さんですが、目の前に福本渡船場が有ります。
南側の部屋頂きましたので、尾道の夜景が堪能出来ます。
渡船も併せて写し込めば、中々フォトジェニックな風景が楽しめます。



s-P1080501そんな時、事件は起きました!
三脚持って行ってませんから、部屋の手すりにカメラを乗せて3秒位の長時間露光で撮影してました。
もう少し、露出時間長い方が良いかな~って手を伸ばした瞬間、指先がカメラに当たり・・・
左の写真が、彼の遺作となってしまいました。



s-DSC_0019下に誰も居なかったから、笑い話で済みますが、もし人の頭に当たってたり車とかに落ちてたら・・・




ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々


しまなみ海道サイクリング イメージ(妄想?) 向島編

s-P1060107皆さん、こんばんわ。
しまなみ海道サイクリングも佳境です。

1週間、引っ張りましたねぇ
ここまでお付き合い下さった読者の皆さん、もう少しで終わりますからねぇ

じゃあ、読まなきゃ良いじゃん

P1060387これが最後の橋、因島大橋です。
他の橋のスロープと違い、ひたすら国道を走っているといきなり橋へのスロープが現れます。





12_00140そして、もう一つ異なる点は、車道と同じ道路面を走るのではなく、道路下の専用道を走ります。
だから、眺めはイマイチです。





12_00164海岸線を走り抜け、街中に入るとゴールはもうスグ。







P1060390自転車でのゴールは、この尾道駅前行き渡船乗り場です。






P1060395P1060410ここからは、渡船で尾道に渡ります。
大林宣彦監督の尾道三部作やNHK朝のテレビ小説「てっぱん」のファンとしては、一度乗って見たかったんですよね♪

P1060419P1060430海から眺める尾道もイイものですね。
その昔、彼女と行った尾道千光寺公園も見えます。

ん!

あわわ、寮長~

P1060434あっ・・・
ふ、船の乗船時間は5分位です。
駅前の船着き場が見えてきました。





P1060446ちょっぴりマニアックな話ですが、船着き場の横は「てっぱん」のオープニングであかり(瀧本美織)が、てっぱんダンスを踊ていた場所です。





P1060442お昼ご飯は、フラッと立ち寄った喰海さんってラーメン屋さん。






image一日、20食限定の塩レモンラーメンです。
塩ラーメンとレモンが合うなんて初めて知りました。




P1060443お昼ご飯食べ終わっても、バスの発車までには1時間以上有ります。
時間まで、ゆっくりkindleで読書の続きです。





P106044714:15分発のしまなみサイクルエクスプレスで今治の手前の馬島を目指します。
駅まで行っちゃうと、激坂を上らなきゃいけなくなしますが、馬島なら来島海峡大橋使って、駐車場までほぼフラットor下りです。
バスの中では、専用シートにこの様に括り付けられます。


あの~寮長・・・
今回のブログは、ほとんどサイクリングネタが無いんですけど。


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

しまなみ海道サイクリング イメージ(妄想?) アプローチ編

s-DSC_2788あの~寮長。
日向さんとイチャイチャしてばかりですから、しまなみ海道サイクリングの話が進んでないんですけど

ゴメンゴメン
ってか、イチャイチャしてるかぁ?

はい・・・

s-DSC_2786それより、行程で悩んでるんですよ。
尾道から今治か、今治から尾道か・・・

そうだよなぁ・・・

列車で現地入りするなら、尾道スタートが新幹線走ってるし、断然便利ですよね。
バスで移動なら、どちらにも神戸からバス出てますし、尾道からバスに乗って今治に渡るルートも有るんですよ。

そりゃ、確かに悩むなぁ。

s-DSC_2785新幹線は高いから、バスで行くとして尾道まで3600円 尾道から今治まで2750円 神戸から今治だと4850円 この3つのパターンですよね。
一番安上がりは、神戸からバスで今治行って、しまなみ海道走って、尾道からバスで帰るコースですね。
これだと、8450円で往復出来ますよ。
行きを夜行バスにすれば、宿代も浮いちゃたりします。

逆に、尾道までバスで行って、しまなみ海道走って今治からバスで帰るコースも有るんじゃない?

神戸~尾道って、バスが1日1本で夜に尾道に着くんですよね、尾道で一泊になっちゃいます。

s-DSC_2821そっかぁ~
なんなら、車で送ろうか?

あっ・・・ウザいから、それはノーサンキューです。

ウザいとか、ハッキリ言うなよなぁ~


ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

山陰の仮想の街、松舞町を舞台にした様々な恋愛模様
c45c532e


――― 松舞町ラブストーリー ―――


ヲタクな彼と彼女達の物語
b



僕と彼女の日々

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

STRAVA